So-net無料ブログ作成
検索選択

【千切りサラダ】世の中そんなモン【その4】 [その他]

おはいも~ノシノシ、なはっちですっ。

とりあえずこれが最後かな~サラダシリーズw。
千切りしかしてませんが...
 
では今回はこちらの素材を使って、どんな風に切れるか見ていきたいと思います。
IMGP4229_s.jpg
つっても、大根とニンジン、きゅうりのみです。

使う道具はこちら、↓
IMGP4280_s.jpg
画像の順は左から、せん切り器、細せん切り器、せん切り器(ピーラー)、細せん切り器(ピーラー)、
それぞれ2本づつを縦横の順で置きました。
こんな感じに切れます。

大根、↓
IMGP4283_s.jpg
ニンジン、↓
IMGP4281_s.jpg
キュウリ、↓
IMGP4284_s.jpg

大根は割と固めでしっかりしてるので、どれでもそれなりに出来ます。
ニンジンもそうですが、せん切り器だと太いせいか、生臭さが残ります。
まぁ、ニンジンの産地や種類にもよるとは思いますが...

キュウリは曲者で、曲がり具合や太さで出来栄えがあっさり変わってしまいます。
せん切り(ピーラー)を使うとよく折れちゃうので、
今では普通のピーラーでナイフで鉛筆を削るみたいにして、回しながら削ぎ取ってます。

形が歪な物ほど、ピーラーの方が対応しやすいです。

ちなみに断面ですが、
スライサー型の方は断面が正方形になり、切った後もまっすぐな形になります。

ピーラーは薄くて幅のある形になります。
手の動かし方次第でまっすぐにもなりますが、ほとんどは反ってしまうと思います。
ニンジンの画像、左から5・6本目を見ていただけると判りやすいかな?!

あと、ボールのサイズですが24cmぐらいだと、こんな感じになります。↓
IMGP4228_s.jpg
使い方にもよりますが、
往復させてるとこんな感じになりますw、↓
IMGP4230_s.jpg
押さえるのを上手く使えば、これくらいまでは切れます。↓
IMGP4231_s.jpg
最終的にはこんな感じになりました、↓
IMGP4232_s.jpg

キュウリ大根ニンジンの皮むきはスチールたわし
水菜は包丁で切るだけ、
タマネギはスライサー、
キャベツはピーラー、
キュウリがせん切り器、
大根とニンジンが細せん切り器、
となります。

ピーラーのせん切りは最近使って無い気がしますw。

まぁアレですよ、
この手の調理補助器具は、誰がやっても同じ結果になるように作られた物なので、
技術が有る人は、いい包丁だけで済むそうな。

そのうちこれらが電動化された物が欲しいと思う日が来るでしょう...
 ・
 ・
 ・
既に思ってますが何か?
オワル。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。